カテゴリ:明日葉栽培( 5 )

明日葉畑開墾中です。

またまた、久しーーー振りの更新です。
明日葉栽培・加工を始めて約10年。お陰様で販路も広がり、来年は原料不足になりそうな感じ。
と言う訳で、明日葉畑を増やすことにしました。

先ずは竹と木を伐採します。
開墾のリーダー役は、当園の提携明日葉農家のSさん。
Sさんは若い時から、農業、漁業、炭焼き、民宿、土木作業をされてきたので、
仕事の段取り、作業、体力はハイレベルです。お年はなんと80歳!!

もう一人は、私の大学時代の親友M氏。
今年水産関係の会社を定年退職し、第二の人生を自然豊かな環境で自給自足を!と三宅島に移住してきました。
e0231724_7451573.jpg


伐採が終わった状態。今回はこれ位の畑を4枚造成します。
e0231724_8622100.jpg


次に抜根作業に入ります。園芸仲間のO氏がバックホー(ユンボ)で手際良く抜いてくれました。
O氏は、来年三宅島からJA農協三宅島店が廃止になるので、それに代わる組織「三宅島農業振興会」の会長になります。
e0231724_8122848.jpg


続きは、後日投稿します。
by nishino818 | 2015-11-27 08:23 | 明日葉栽培

2013年春の明日葉収穫・加工スタート!

またまた、久し振りのブログ更新ですみません。

三宅島、西野農園の明日葉畑の周りにも、自然のタラの芽、オオシマザクラの白桃色の花など
春も盛りと言う感じです。

明日葉にとっても、最適の気温と雨量で生育真っ盛り。
今日は自家明日葉農場の初収穫日。
昨日の雨に洗われ一段と緑が美しいです。
e0231724_4105231.jpg



3名の女性スタッフの方が、明日葉の葉を1本1本品質をチェックしながら切り採り、
半日で300Kg程度を収穫します。
e0231724_4124077.jpg



収穫後の明日葉の株。古い葉は取り除き、未展開の新芽を残し粉末加工に適した
新鮮な葉を収穫します。切り口からは鮮やかな黄色の明日葉特有成分「カルコン」が
染み出してきます。
地表はハンノ木(オオバヤシャブシ)の落ち葉が覆い、自然の有機物補給になります。
e0231724_415432.jpg



手前のスッキリした部分が今日収穫したとろ。
奥の部分も明後日(乾燥作業に2日かかるので)収穫します。
日避けのため5年前に明日葉種蒔きと同時に植え付けた
ハンノ木(当時50cm位の苗木)もこんなに大きくなりました。
e0231724_4142135.jpg



明日葉畑から自宅まで、車で約5分。短い通勤時間です(^O^)
今日の収穫、これが300Kgの生明日葉です。
(家の周りも明日葉が自然に生えています。)
e0231724_4152443.jpg



自宅敷地内の明日葉加工工場(「こうじょう」でなく「こうば」です)。
一人で無理なく作業できる、300Kg用コンパクトな温風乾燥機。
裁断は数時間で終わりますが、この後36時間かけて乾燥させます。
夜中も2~3時間毎に掻き混ぜるので、ちょっと辛いですね。
乾燥終了後は約10分の1、30Kgになります。
e0231724_4154672.jpg

by nishino818 | 2013-03-27 04:38 | 明日葉栽培

明日葉の苗ができあがりました。

寒い間はなかなか育たない明日葉ですが、暖かくなると急速に成長します。
e0231724_349742.jpg


1月に播いて、3月の始めの頃は、こんなに小さかったんです。
苗は三宅島と八丈島で作っており、露地とハウスとでも作っています。
e0231724_3545238.jpg


掘り上げると、植え付け用には丁度良い大きさになっていました。
e0231724_3581385.jpg


植え替えの際は、水分の蒸散を抑えるために葉っぱ全て落とします。植え付けて水をたっぷりあげると、1~2週間で活着し新芽を出し始めます。
e0231724_413898.jpg


このサイズは中苗20本セットで販売しているもので、家庭菜園で栽培される場合は25cmx25cm間隔で
植えると良いと思います。明日葉は結構肥料を要求しますので、定期的に追肥が必要です。
収穫は草丈が50cm以上になった頃、下の葉を残して、新しく出た芽を収穫します。
夏前には少し収穫できると思います。来春には収穫ピークになるでしょう。
by nishino818 | 2011-04-21 04:09 | 明日葉栽培

明日葉の種まき

昨年の11月、明日葉の収穫が終わり暫く使っていなっかた畑を伐採。
伐採後は雑木、竹、草、明日葉も燃やします。
e0231724_23175284.jpg


その後、抜根、耕運しますが、燃やした灰や石灰、肥料も入れます。
e0231724_23231930.jpg


暖かい伊豆諸島では明日葉の種まきは10~11月の秋播きです。
種が雨に流されたり、風にとばされたり、出た芽が虫に食べられたりしますので、種は多めに播きます。注意するのは、明日葉は好光性種子なので覆土は薄くすることです。
e0231724_2329042.jpg


11月末に播種、発芽は12月中旬。冬の間はあまり成長しないので現在はまだ小さいです。
e0231724_2341106.jpg


この状態は混み過ぎで、順次間引いていき、最終的には20~30cm間隔にします。
e0231724_23441559.jpg

by nishino818 | 2011-02-19 23:44 | 明日葉栽培

主に昨年の明日葉畑の様子です。

明日葉畑の写真を遡ってUPします。

先ずは種採りから始まります。
夏に花が咲き、主に10月頃に採種します。
e0231724_22364325.jpg


島では採種後すぐに播種すると、半月から1ヶ月で発芽します。
これは春先の状態です。
e0231724_2239441.jpg


混み合った苗を間引き、最終的には30cm四方に1本の割合にします。
加工用は株間を広くしますが、生鮮用はもっと密植気味にします。
間引いた苗は別の畑に植え付けます(一部は販売用にもします)。
e0231724_231141.jpg


明日葉は冬と夏は成長が鈍り、春と秋に旺盛になります。
e0231724_235533.jpg


女性スタッフが1本1本品質をチェックしながら手作業で収穫します。
e0231724_2342186.jpg


毎夏、「わんぱく大学」の子供達が体験学習で草取り・摘み取りにみえます。
e0231724_23111098.jpg


当園の明日葉だけでは足らないので、契約農家の方々に協力して頂いています。
e0231724_23143831.jpg

by nishino818 | 2011-02-12 23:16 | 明日葉栽培