タグ:三宅島 ( 6 ) タグの人気記事

明日葉畑開墾中です。

またまた、久しーーー振りの更新です。
明日葉栽培・加工を始めて約10年。お陰様で販路も広がり、来年は原料不足になりそうな感じ。
と言う訳で、明日葉畑を増やすことにしました。

先ずは竹と木を伐採します。
開墾のリーダー役は、当園の提携明日葉農家のSさん。
Sさんは若い時から、農業、漁業、炭焼き、民宿、土木作業をされてきたので、
仕事の段取り、作業、体力はハイレベルです。お年はなんと80歳!!

もう一人は、私の大学時代の親友M氏。
今年水産関係の会社を定年退職し、第二の人生を自然豊かな環境で自給自足を!と三宅島に移住してきました。
e0231724_7451573.jpg


伐採が終わった状態。今回はこれ位の畑を4枚造成します。
e0231724_8622100.jpg


次に抜根作業に入ります。園芸仲間のO氏がバックホー(ユンボ)で手際良く抜いてくれました。
O氏は、来年三宅島からJA農協三宅島店が廃止になるので、それに代わる組織「三宅島農業振興会」の会長になります。
e0231724_8122848.jpg


続きは、後日投稿します。
by nishino818 | 2015-11-27 08:23 | 明日葉栽培

2013年春の明日葉収穫・加工スタート!

またまた、久し振りのブログ更新ですみません。

三宅島、西野農園の明日葉畑の周りにも、自然のタラの芽、オオシマザクラの白桃色の花など
春も盛りと言う感じです。

明日葉にとっても、最適の気温と雨量で生育真っ盛り。
今日は自家明日葉農場の初収穫日。
昨日の雨に洗われ一段と緑が美しいです。
e0231724_4105231.jpg



3名の女性スタッフの方が、明日葉の葉を1本1本品質をチェックしながら切り採り、
半日で300Kg程度を収穫します。
e0231724_4124077.jpg



収穫後の明日葉の株。古い葉は取り除き、未展開の新芽を残し粉末加工に適した
新鮮な葉を収穫します。切り口からは鮮やかな黄色の明日葉特有成分「カルコン」が
染み出してきます。
地表はハンノ木(オオバヤシャブシ)の落ち葉が覆い、自然の有機物補給になります。
e0231724_415432.jpg



手前のスッキリした部分が今日収穫したとろ。
奥の部分も明後日(乾燥作業に2日かかるので)収穫します。
日避けのため5年前に明日葉種蒔きと同時に植え付けた
ハンノ木(当時50cm位の苗木)もこんなに大きくなりました。
e0231724_4142135.jpg



明日葉畑から自宅まで、車で約5分。短い通勤時間です(^O^)
今日の収穫、これが300Kgの生明日葉です。
(家の周りも明日葉が自然に生えています。)
e0231724_4152443.jpg



自宅敷地内の明日葉加工工場(「こうじょう」でなく「こうば」です)。
一人で無理なく作業できる、300Kg用コンパクトな温風乾燥機。
裁断は数時間で終わりますが、この後36時間かけて乾燥させます。
夜中も2~3時間毎に掻き混ぜるので、ちょっと辛いですね。
乾燥終了後は約10分の1、30Kgになります。
e0231724_4154672.jpg

by nishino818 | 2013-03-27 04:38 | 明日葉栽培

今年の明日葉収穫・加工が始まりました。


久々のブログ更新です。毎度反省する割には実行が伴わず恥かしい限りでございます。

e0231724_20283817.jpg

今春は気温が低く例年より明日葉の成長も遅れ気味ですが、3月に入り新芽も大きくなってきました。西風の厳しい冬を超え早春の明日葉の新緑には心が弾んできます。


e0231724_20351334.jpg

恒例のシーズンスタート前の農業改良普及所の先生を迎えて、当園提携農家「三宅島アシタバ加工研究会」の皆さんとの勉強会。

e0231724_20503534.jpg

提携農家Sさん、Tさんの明日葉。今年初収穫の素晴らしい明日葉です。栄養満点美味上質の明日葉粉末をご期待下さい。

e0231724_2059135.jpg

品切れになっていた「根入り明日葉粉末」用に根も掘りました。高圧洗浄機で表面の土を落とします。時間の関係で受注分だけの少量です。

e0231724_2135987.jpg

根の間の土を再度洗浄し、裁断し、蒸し、乾燥した状態です。これをストックの乾燥明日葉に20%加え粉砕し「根入り明日葉粉末」を作ります。結構手間がかかるのですが、お客様のご要望には出来る限り頑張ります。
by nishino818 | 2012-03-31 21:23

三宅島に戻りました

八丈島での野菜・花の種まき(育苗・販売は三宅島)も一段落。
前回まいた花(これはペチュニア)は一ヶ月でこの程度。
e0231724_2013184.jpg


野菜も育ってきたので、そろそろ三宅島へ移しポット上げをしなければいけない。
e0231724_20171062.jpg


3月5日八丈島、底土港を10時ごろ出港。
e0231724_2019855.jpg


三宅島には2時ごろに着きます。今日は伊ヶ谷港に入港。昨日の冷え込みで雄山は雪化粧。
e0231724_20211733.jpg


3月6日、今日は三宅島商工会主催の「島市」。
地産地消推進を目指し今年6回目、昨日開催された「三宅島レディース・ラン」に合わせて開催。
今回は坪田地区の旧中学校体育館にて。
e0231724_20373270.jpg


地場野菜コーナーは、関係機関の方々が販売担当。
e0231724_20394691.jpg


伊豆諸島特産「くさや」は製造直売です。
e0231724_20433668.jpg


埼玉県川越の三宅島アンテナショップ[松本醤油商店]さんにも出店協力頂きました。
e0231724_2047292.jpg


当園も出店。明日葉製品とユリの球根と苗を少し販売しました。
e0231724_20491439.jpg


お隣では、地場材利用の木工品を出店されていました。
e0231724_20513133.jpg


その他にも館内では、食べるラー油、山菜おこわ、アンダーギの出店、
野外では商工会女性部、青年部によるムロッケ、すり身汁、あしたば漬、磯部焼きが振舞われていました。

1時に「島市」は終了。
2時には、良い凪の中さるびあ丸が三池港に入港。レディース・ランのお客様も東京へ戻られました。
e0231724_2102062.jpg

by nishino818 | 2011-03-06 20:02 | イベント

ハウス建設中

去年の夏に東京農大の学生が農業実習を兼ねて当園のハウス建てを手伝ってくれました。
e0231724_23531776.jpg


その後忙しく中断していましたが、春の苗物シーズンをひかえ建設再開。
e0231724_038993.jpg


一人では間に合いそうにもないので、明日葉提携農家のSさんに応援を依頼。Sさんは農業も漁業も重機扱いも達者なので頼りになります。
e0231724_043154.jpg


夕方の大久保浜。とても良い凪ですが、今夜低気圧のため時化予想。明日の東海汽船は欠航が決定しました。
e0231724_0524328.jpg

by nishino818 | 2011-02-17 23:43 | 花・野菜・苗

ブログを始めました。

はじめまして。明日葉農家の西野農園です。

以前(3年程前)は西野園芸HPで日記らしきもの「仕事と風景」をUPしていましたが、多忙のためか加齢のためかめっきり筆不精になり中断しておりました。

妻がブログ「百合日記」をやっているので、私もブログにて日記(?)再開挑戦をと思った次第です。途中棄権の可能性も無きにしも非ずですが、頑張ってみます。

簡単に当方の状況説明をさせて頂きます。

生まれと育ちは大阪です。生物・自然・海が好きで東京の某水産系大学に入学。卒業後は当時の成り行きで水産物流通関係会社に就職。数年間東京でサラリーマン生活をしていましたが生物・自然・海への思いは断ち切れず、30歳の時脱サラし妻と二人で三宅島へ移住しました。

半農半漁ですが、ようやく生活も落ち着いた2000年(移住19年目、49歳)三宅島噴火災害に遭遇。約4年半八丈島にて一部営農再開しながら避難生活。避難解除後、三宅島に帰島し花卉園芸から明日葉栽培・加工に転換し営農再建中です。妻は八丈島に残りユリの産直を継続。私は月に2回程度三宅島と八丈島を往復しています。

西野農園の明日葉加工場にて乾燥明日葉製造
e0231724_034179.jpg


当園の明日葉畑にて当園スタッフと提携明日葉農家の皆さん
e0231724_051613.jpg


八丈島のユリハウスにて私と娘と妻
e0231724_055053.jpg


2000年8月三宅島噴火の様子
e0231724_06534.jpg





西野農園の連絡先
〒100-1102 東京都三宅島三宅村伊豆768-2
TEL 04994-2-0947 (三宅島加工場)
FAX 04996-2-5673 (八丈島事務所)
携帯 090-7183-3648
URL http://www.nishiino-farm.com
Email ashitaba@nishino-farm.com
by nishino818 | 2011-02-10 00:19 | 自己紹介